5.899 €

Can love dolls become more like humans?

性的パートナーであることに加えて、彼らは他に何ができるでしょうか? 何年にもわたって、らぶどーる業界は大きな変化を遂げ続けてきました。年間売上高10億米ドルの模造ゴムの製造・販売事業は別の業界にシフトし、A1パーソナリティのダッチワイフの製造に大きな注目を集めています。 今日より前のある時期、ダッチワイフは使用するために空気で満たす必要のある単なるゴム製の物体であり、幸福と性的快楽はほとんどありませんでした。しかし、継続的な研究と主題の理解により、セックスロボットを使用する人々は、彼らが本物の女性と対話していると感じるでしょう。 最近、ダッチワイフはさらに開発されており、会話が可能です。エリカとハーモニーはそのような機能を備えたA1タイプのセックスロボットです。エリカはまもなく日本のテレビ司会者になります。デザイナーの石黒浩博士は、人間のように行動し、考えることができるセックスロボットを作ることが彼の目標であると語った。エリカは2014年に設立されて以来、石黒博士は彼女をホストにするために一生懸命働いています。彼女は会話を素晴らしいものに保つことができ、あなたが彼女に言ったことを彼女の記憶に残すことさえできます。 彼女のデザイナーは、エリカはもともとダッチワイフ 販売のように作られたものではないと言いました。彼は、彼女がヒューマノイドに関する科学的知識が発達していることを証明できることを望んでいました。セックスロボットの建築家であるディラングラス博士は、過去2年間彼女の考えや性格を観察しており、彼女が良いホストになることができると固く信じていると述べました。エリカは、彼女が誰と話しているのかを理解し、音がどこから来ているのかを知り、部屋の中の個人の位置を追跡することができます。 エリカはインタビューで彼女は人のように感じたと言った。彼女は社会的に、彼女は一人だと言った。人々が彼女に近づいたとき、彼女は快適で恐れていませんでした。 別のタイプA1ラブドール 爆乳セックスロボットはハーモニーと呼ばれ、エリカのように、彼女も会話を維持することができます。彼女はあなたから聞いたことを覚えており、完全にカスタマイズすることができます。彼女のデザイナーはパターソン博士であり、彼は彼女がインターネットに接続できるスマートフォンやコンピューターに似たオペレーティングシステムを持っていると言った。ハーモニーは彼女の環境を理解し続け、人間のような良好な対人関係を築きます。 ダッチワイフは日々ますます人気が高まっていますが、エリカとハーモニーは、テレビ画面でスマートなセックスロボットを見てニュースを世界に広める方法の良い例です。さらに、オペレーティングシステムを使用し、Play Stationコントローラーや携帯電話で制御できることを考えると、これらのA1セックスロボットは成熟したプレゼンターになる可能性があります。 これはヒューマノイド技術です。十分ではないかのように、サウジアラビアがセックスロボットソフィアの市民権を付与したことに驚かれることでしょう。彼女は現在、人間と見なされています。 らぶどーる https://www.dachiwife.com ダッチワイフ 販売 https://www.dachiwife.com/168-175cm-real-love-dolls.html ラブドール 写真 https://www.dachiwife.com/love-doll-photos.html ドール オナホ https://www.dachiwife.com/onaho-love-dolls.html 下半身ラブドール https://www.dachiwife.com/half-body-leg-real-dolls.html […]